ドリアンなどのトロピカルフルーツ通販

タイフルーツブログ

2021.06.17

ウチのシーズー

タイでも飼っていたシーズー犬ですが、日本でも飼い始めて今3歳です。なかなか我儘な犬でエサも選んで選んでやらないと食べてくれません。2匹飼うと競って食べることはわかっているんですが、大変すぎて飼えない。

 

今年の3月頃の様子はこんな感じで毎日ストーブの前を占拠していたんですが。

 

 

今はこんな感じで。

 

 

いずれにしても近すぎるんですよね。ストーブの前で反対を向いてるときは尻尾に火がつかないかヒヤヒヤです。

 

毎日彼女の機嫌を取りながら生活しています。

 

 

元記事を読む...

2021.06.13

ワクチン接種とタイ渡航

どうやら僕の住む地域では7月にワクチン接種が受けられそうな感じです。となるとタイにはいつ行けるのか。タイ側で諸々山積している事業の立て直しを計らなければ。

 

まだ国際的にはワクチンパスポート的なものの基準や仕様が決まっていないようですが、タイ側の情報では7月にワクチン接種者(1年以内)への隔離なしでのプーケット渡航開放、10月にバンコク開放となっているようです。

 

 

タイはマンゴーの季節が終わり、南部チュンポーンのマンゴスチン、ドリアン、ランブータンのメインシーズンが始まりました。早くこれらの農園に行って久しぶりに皆の顔を見たいものです。

 

ワクチン接種と言えば、日本側だけでなくタイ側が順調に進まなければ開放も進まないはずですが、現在はタイ保険省実施のシノバックの接種が着々と進んでいるようです。一方民間病院でのモデルナの接種が10月から始まるようで(3,800バーツ)、こちらを待つという人も多く、判断がわかれているようです。

 

ワクチン接種証明の偽造が起こることなんて容易に想像できますが、そんなことがないように願いたいです。

 

元記事を読む...

2021.06.06

沖縄への想い

オリンピックに向けた帳尻合わせで、今や東京や埼玉の新規感染者数は落ち着いてきましたが、沖縄だけが過去最高水準の200人超え、実効再生産数も全国唯一1.0を上回っているということで非常に心配。

 

もともと、この感染症が出てから沖縄には中部病院の高山先生という専門家がいらっしゃるので、全国的にも対策はしっかりしているということで、数字は比較的落ち着いて推移していましたが、今は危機的状況ということで、この感染症、本当に明日はどうなるかわからないですね。

 

そういえば滅茶苦茶な場当たり的対応を繰り返している大阪の知事が「大阪モデル」なんて持てはやされた時期もありました笑。


 

タイに行けていないこの1年半近い期間。友人や親せきが多く、若いころ1年間を過ごし、自分の中では第2の故郷と感じている沖縄に頻繁に通ってきましたが、今はその沖縄へも迷惑がかかるので行けない状態。

 

ワクチン接種率は高齢者の1回目が20%と全国的に遅く、64歳以下は8月以降スタートということでこれも心配。何とかこの感染症が治まってほしいと言うことしかできない。

 

馴染みのお店も休業ということで、本当に皆倒れる寸前で踏みとどまっている感じなので、「緊急」が開けたら駆けつけて、1人で迷惑がかからないように楽しみたいと思います。

 

 

 

元記事を読む...

2021.05.08

タイフェス中止の週のマンゴー出荷、タイの感染者急増の中で

例年であれば、タイフェスをやっていたこの5月2週目の土日、去年に引き続き緊急事態ということで中止で寂しい週末です。

 

タイの方も昨日は新規感染者2,044人、死者が27人、バンコクだけの新規感染者が最近は700-800人台と、東京と同じようになってきましたね。弊社タイ側関係者も戦々恐々で、出荷作業以外は外出しないようにしているようです。

 

 

そんな中、タイ側のマンゴー蒸熱処理工場では、スタッフの皆さんが出勤してくれ、日本に送るマンゴーを大切に処理、検品し、出荷作業を行ってくれました。本当にこんな状況の中、出てきてくれてありがたい。

 

空港で輸出に携わる会社のスタッフから2名の感染者が出たということで、ヒヤッとしましたが、弊社の輸出手続きには影響がなかったようです。

 

 

充分に樹上で熟度を上げたナムドクマイ・マンゴーが収穫され、今週は特に最高の状態で空輸することができました。ピカピカの新鮮なマンゴーです。

 

タイ側で保存料を使い、日本のスーパーで販売しているように、腐食しない、長持ちさせる処理をすることは簡単ですが、それをやるとこの最高のマンゴーの甘味が引き出せなくなってしまう。保存料は一切使わず、ベストタイミングでお客様に届ける、これにこだわりたいです。弊社が大手量販で販売しない理由でもありますが。

 

 

先ほど日本に着いたマンゴーの検品を行ってきましたが、輸送中、検疫保管中の温度管理も問題なく、良い状態で追熟しており、甘い果実をお届けできそうです。

 

タイフェスもなく、輸送便も限られ、コスト高のなか採算度外視で意地で続けているようなこの事業ですが、それだけに、やるからには最高のものをお届けしないと意味がない。たくさんの応援してくださるお客様がいるのは心強い限りです。こういう状況でも何とか気持ちを保って続けていきたいですね。

 

 

元記事を読む...

2021.05.03

Joe’s Cafe西川口

西川口のタイ料理というとルアンタイが3~4年前に閉店してから、今開けてるのはJoe's Cafe、カウケンの西口店、ラクディあたりですが、皆コロナに苦しめられる中、頑張って続けています。

 

時短営業協力金は東京や大阪は申請に対して4月時点で2割台の支給率と遅れに遅れているとのことでしたが、埼玉ではまずまず順調に支給されているようで資金繰りは何とかなっているようです。

 

昨日はJoe's Cafe。驚いたのは近隣の居酒屋が酒を提供していて大盛況。あれ、都内からも来てるからでしょうか?、しかしこの店はアルコール自粛中で、何度か覗いたお客さんが「酒出さないの?」で帰ってしまう場面がありました。

 

 

この店ももう10年ちょっとになりましたか、自分のボウモアやラフロイグ等のウイスキーを勝手にキープさせてもらってる割には、顔を出すのが時々程度ですみません(笑。

 

 

カウケンの東口は今は閉じていて、そういえば川口の商店街にあったバンコクも閉じてしまった。

 

この街にものすごく増えてきた中華やベトナム料理も含めて頑張って開けてる店には、こういう時ですから1人、2人の少人数でなるべく会話もなしでサッと食べるようにして通いたいですね。

 

カウケンのカオマンガイ

 

元記事を読む...

2021.04.25

ROYAL MYANMAR

那覇。

 

この状況下、基本こちらの親戚宅でご馳走になっていますが、ただ、今大変な状況にありながら営業を続けているミャンマーのお店にだけは顔を出しておきたかった。

 

栄町のROYAL MYANMARです。

 

 

さすがに現地からの調達は途絶えている状況でミャンマービールは飲めませんでしたが、美味しい豚肉スモークやカレーをいただいてきました。

 

軍に弾圧されている民主派の人々は連邦議会代表委員会を立ち上げ、ネットを使い軍の規制をかいくぐり、暴力に屈しないこと、クーデター前の政権の正統性を訴えています。

 

民主化が条件だったはずの日本のODAなど公的資金での累計5,000億円以上の資金提供。今、その条件が反故にされたこと、しかもその一部が軍の利権に流用されてきた事実も見逃せない...。

 

最大の援助国として発言権のあるはずの日本政府は人々の側に立ち、軍政に対してもっと踏み込んだ対処をしてほしいです。

 

 

元記事を読む...

2021.04.22

ソンクラン~マンゴー出荷

現地から画像が来ましたが、先週のソンクランのバンコクは感染が広がり、外出自粛もあって例年以上に閑散。最も渋滞のひどいラチャプラソン、アヌサワリーあたりでこんな感じです。

 

 

そんな中、マンゴー農園は出荷に向けて着々と準備してくれていて、マンゴー名人も農園でのテレビ取材に元気な姿を見せていたようです。

 

 

今週日本に届いて、今日検品を終えて出荷したマンゴーは画像の通り、良い感じに熟度が回ってくれました。

 

去年、今年とタイフェスが中止になり、タイも日本も感染が増えているこんな状況で何とか普通通りにモノが出荷できる、リスクを冒して関わっている関係者に感謝するほかありません。

 

 

 

 

 

 

元記事を読む...

2021.04.09

閉塞感

昨日のタイの新型コロナ感染者が391人、うちバンコクが95人とこれまで、感染者は多いながらも外国人労働者やナイトクラブ関係に集中していたのが、一般に広がってきたようで心配。梨田和也駐タイ日本国特命全権大使もバンコクのナイトクラブで感染ということで、現地で大きく話題になっています。

 

来週はソンクランですが、今年も水鉄砲やバケツは禁止で形だけの水かけでしょうね、もともとそのほうが良いんですが。

 

今日から41都県のバーやパブ、クラブやカラオケなどの娯楽施設が少なくとも2週間閉鎖になるという記事です。

 

去年は工場の稼働時間が制限されマンゴーやドリアンの出荷を取りやめたことがありましたが、大丈夫でしょうか、やっと先月出荷を再開したばかりで工場の様子が心配ですねー。

 

補償面が極めて薄いタイですから皆にできるだけ仕事と賃金が行き渡るのを願うしかない。

 

冷凍ドリアン加工工場で

 

そんな中、こんなニュースも。ユニバーサルスタジオみたいなもんですね。コロナ後の観光の目玉になりそうです。

 

タイでテーマ&ウォーターパーク「コロンビア・ピクチャーズ アクアバース」が2021年10月オープン

(タイランドハイパーリンクス2021年4月7日 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントとタイのアマゾン・フォールズは2021年4月6日、タイでソニーグループのコロンビア・ピクチャーズのテーマ&ウォーターパーク 「コロンビア・ピクチャーズ アクアバース(Columbia Pictures’ Aquaverse )」をオープンすると発表しました、2021年10月の開業を予定しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

一方沖縄では当初USJ進出と言われていた計画が形を変えて進行中ですが、かなり遅れていますね。

 

沖縄北部テーマパーク、2022年4月以降に着工「事業は順調に進んでいる」(沖縄タイムス2021年4月6日 )

-------------------------------------------------------

沖縄県の今帰仁村と名護市にまたがるオリオン嵐山ゴルフ倶楽部で計画されているテーマパークの着工時期が、2022年4月以降になることが5日、分かった。

-------------------------------------------------------

建設会社の新入社員として関わった今帰仁村のゴルフ場が潰されてしまうのは残念ですが、美ら海水族館はあってもまだまだ観光拠点の少ない名護を中心とした沖縄北部の振興に役立ってほしいですね。寂れた名護の街も好きですが。。。

 

 

元記事を読む...

2021.03.23

ナムドクマイ・マンゴー完熟

先週到着したマンゴーは完熟!一歩手前で到着し、お客さんに届いた今頃はもう冷蔵庫保管しないといけないぐらいの状態。今回のは特に熟度、糖度が高かったですねぇ。

 

もう20年ほどタイからのマンゴー出荷を続けていますが、タイ側から出荷後も温度管理、輸送・保管状態で毎日状態が変わるこのセンシティブな果実、いまだに毎回ヒヤヒヤしながら出荷しています。タイ側で信頼のおける農園、出荷スタッフをキープできているのは大きい。

 

 

タイ側では検品で除けた玉をカオニャオ・マムアンにして食べているとのことで画像が送られてきました。うーん、もち米とマンゴー、もちろんタイに行けてないこの1年以上食べてない、もち米とドリアンも食べたいなぁ。血糖値オーバーですね。

 

元記事を読む...

2021.03.08

クララとお日さま

先週発売されたカズオ・イシグロの6年ぶり長編「クララとお日さま」、読み始めたら止まらず、一気に読んでしまいました。

 

これまで作品ごとに全く違うジャンルの小説を書いてきたイシグロだが、今回は明らかに「わたしを離さないで」と同じ系譜に属する作品で、人間の子供に寄り添い、成長を助ける役割を与えられた主人公、AIのクララを通して語られる「寂しさ」や「愛」についての物語。

 

 

人間から失われた無償の愛や自己犠牲はAIであるクララによって体現され、「特別な何か」=「魂」とは複製されるものではなく、その人を想う周囲の人々の感情の中にこそあるものであることが示される。

 

東ロボくんの新井紀子教授によると、AIが人間の知能を越すとする「シンギュラリティ(技術的特異点)はこない」ということですが、現実世界でフェイクや陰謀論が蔓延り、それに乗っかる人々もまたかなりの多数である現在の世界の惨状を考えると、人間よりむしろAIに託される希望があっても良いと思えてしまう、ブレードランナーを観た時も感じたことですが。

 

これは映画化必至だなって思ったら、実はもう米ソニーピクチャーズで決定してるそうで。クララはどのような姿で再現されるのか、こちらも興味深い。

元記事を読む...

取り扱い商品一覧

◯期間限定フレッシュフルーツ

プレミアムゴールド生タイマンゴー
(ナムドクマイ)

◯業務用冷凍フルーツ

(※カード決済はご利用できません)
フローズンタイマンゴー
フローズンドリアン

カレンダー

«6月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

カテゴリーリスト

ブログ内検索

To top