ドリアンなどのトロピカルフルーツ通販

タイフルーツブログ

2021年03月

2021.03.23

ナムドクマイ・マンゴー完熟

先週到着したマンゴーは完熟!一歩手前で到着し、お客さんに届いた今頃はもう冷蔵庫保管しないといけないぐらいの状態。今回のは特に熟度、糖度が高かったですねぇ。

 

もう20年ほどタイからのマンゴー出荷を続けていますが、タイ側から出荷後も温度管理、輸送・保管状態で毎日状態が変わるこのセンシティブな果実、いまだに毎回ヒヤヒヤしながら出荷しています。タイ側で信頼のおける農園、出荷スタッフをキープできているのは大きい。

 

 

タイ側では検品で除けた玉をカオニャオ・マムアンにして食べているとのことで画像が送られてきました。うーん、もち米とマンゴー、もちろんタイに行けてないこの1年以上食べてない、もち米とドリアンも食べたいなぁ。血糖値オーバーですね。

 

元記事を読む...

2021.03.08

クララとお日さま

先週発売されたカズオ・イシグロの6年ぶり長編「クララとお日さま」、読み始めたら止まらず、一気に読んでしまいました。

 

これまで作品ごとに全く違うジャンルの小説を書いてきたイシグロだが、今回は明らかに「わたしを離さないで」と同じ系譜に属する作品で、人間の子供に寄り添い、成長を助ける役割を与えられた主人公、AIのクララを通して語られる「寂しさ」や「愛」についての物語。

 

 

人間から失われた無償の愛や自己犠牲はAIであるクララによって体現され、「特別な何か」=「魂」とは複製されるものではなく、その人を想う周囲の人々の感情の中にこそあるものであることが示される。

 

東ロボくんの新井紀子教授によると、AIが人間の知能を越すとする「シンギュラリティ(技術的特異点)はこない」ということですが、現実世界でフェイクや陰謀論が蔓延り、それに乗っかる人々もまたかなりの多数である現在の世界の惨状を考えると、人間よりむしろAIに託される希望があっても良いと思えてしまう、ブレードランナーを観た時も感じたことですが。

 

これは映画化必至だなって思ったら、実はもう米ソニーピクチャーズで決定してるそうで。クララはどのような姿で再現されるのか、こちらも興味深い。

元記事を読む...

取り扱い商品一覧

◯期間限定フレッシュフルーツ

プレミアムゴールド生タイマンゴー
(ナムドクマイ)

◯業務用冷凍フルーツ

(※カード決済はご利用できません)
フローズンタイマンゴー
フローズンドリアン

◯期間限定!スペシャルセット

タイフェススペシャルセット

カレンダー

«3月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

ブログ内検索

To top