ドリアンなどのトロピカルフルーツ通販

タイフルーツブログ

2019.06.21

ベンタイン市場のドリアン

 いわゆる定番観光地は行く気がなかったんですが、とりあえず市場だけは行っておこうということで、ホテルから歩いてベンタイン市場まで来ました。

 

懐かしい、5年前にKiiさんと偽物アディダスを何枚も買ったところです。

 

市場の前に来るとモーターサイがしきりに近づいて来るので何かと思ったらドリアン売り。タイではピックアップの荷台が店になりますが、ホーチミンではバイクなんですねー。

                            

                                             

ここでドリアンかぁ、食べてもいいなと思い見せてもらいましたが、かなり青い。うーんどうなんだろう。聞いてみると「コーワーサン?」という品種らしい。どちらにしろ、切ってもらうと1個丸ごとになっちゃうので、彼には悪いが市場の中でパックしてあるものを買って食べました。

                                                  

                                                 

                                                  

うーん。これは。。。甘くない。果肉の色はタイのカンヤオみたいでいいんだけどなぁ。きっと良いタイミングで切ったものはもっと美味しいんでしょう。しかしタイのモントーンはやっぱり最高だな、と再認識。

 

今回のホーチミン、だらだら無目的で過ごすことこそが、目的だったんですが、そういう意味では最高だったです。街としてはやっぱりハノイの方が好きかな。

 

こちらは開発が進んで、どんどんバンコク化に拍車がかかる、というか高層ビルがさらにボンボン建ってるのにはビックリしましたね。

                                                                       

2019.06.15

マジェスティックホテル・サイゴン

 一度は泊まってみたかったマジェスティックホテル・サイゴンに来ています。

 

ホーチミン・シテイには20年前から何度か来ていますが、ここに泊まってみたかったのは、フランス植民地時代、日本軍による南部仏印進駐、そしてベトナム独立という時代を超えてきた100年クラスのこのホテルはまさしくクラシック、風格を感じる歴史の生き証人、といった存在だからなのです。

                                         

                             

                                   

                                     

部屋もリノベーションされているとはいえ、クラシックスタイルで居心地がいい。思わずしばらくうとうと。バンコクを朝5時に出てきたのでね。

 

落ち着いた後は、ドンコイ通りに出てVIETNAM HOUSEでフォーを一杯。ここ、ただフォーを食べるにはめちゃくちゃ割高なんですが、雰囲気もサービスも良く、なかなかのお店。

 

何より20年前に初めてホーチミンに来た時に初めて入った店なので懐かしさがこみ上げて来ます。

 

ちなみにビーフのフォーが28万ドン=1,400円でした。高いね。

                                    

                             

2019.05.20

マンゴーシーズンも終わりに近づき

 先々週から先週はタイからのナムドクマイ出荷の最盛期。

 

タイフェス向け、その他販売向けなど、日本での販売時に完熟の最高の状態になるようタイ側で準備しました。

                            

                               

販売時には糖度がかなり乗ってベストに近い状態。

                                       

                                        

代々木のタイフェスではカットして販売も好評でした。

                                                 

                                      

今年の代々木のタイフェスは10連休の直後だったせいか、例年よりだいぶ人出が少なかった印象。

 

それでもメイン産地のチャチュンサオ、サケオ両県の生産者たちの大事なマンゴーを、いつも待ち望んでくださっているお客様に良い状態でお届けすることができてホッとしています。今年は3、4、5月と本当に糖度が高くて、濃厚な良い味のマンゴーでした。

 

あと少し出荷が残っていますが、最高のモノを供給してくれた生産者に感謝感謝。

                                                                   

2019.05.06

CONEY ISLAND BABY、チャトゥチャックで

 フルーツ仕入れ作業真っ最中の合間に、頼まれモノを買いに久しぶりにチャトゥチャック・マーケットへ。

相変わらず暑くて、汗だくな人でいっぱいのマーケットですが、15年ほど前にはここにも店を出していて毎週来ていたのを懐かしく思い出しました、今では信じられないような感じですが。

 

ロックTやジーンズのエリアに足を向けてみれば、今は当時いた連中の顔こそなかったですが、代替わりしたのか、後継者たちがビンテージのLEVI'Sのブーツカットを今も売っているのを微笑ましく眺めました。

                        

                                             

一番懐かしいのは僕にビンテージのLEVI'S 646をたくさん売ってくれたアウン氏。彼がアメリカから仕入れてきたものはとにかくセンスが良くて。何しろ初めて店に行った時、ルー・リードのCONEY ISLAND BABYをかけていたんですから。そのセンスは間違いない。

 

彼は無事にこの浮世(憂き世)をしのいでいるだろうか。

 

ルーも死んで、もう5年以上経ったんですね。この曲を聴くといつもジーンときてしまう。チャトゥチャックに来ると思い出す、CONEY ISLAND BABY。

                                                            

2019.01.02

初詣からスクンビットへ

 今年の初詣はタイ人の知人に誘われて、アユタヤ北部、サラブリとの県境にあるワット・サトゥーへ。全然聞いたことが無かったお寺ですが、アユタヤよりむしろサラブリ近郊の人たちにはかなり有名で人気だとのことで。

境内に入ってびっくりしたのが、巨大涅槃仏。ここにこんな大きなものがあるとは知りませんでした。さっそく金箔を買って貼り付けます。

 

早朝から行ったためか、まだ人も少なく余裕をもって参拝することができました。

                                

                              

                             

この涅槃仏、以前は全身金色に塗られていたのが、7年前の洪水の時のダメージで塗装がはげて現在の状態だそうです。寄進が集まったらまた全身ゴールドになるんでしょうねー。

                                   

                                  

                                    

道もすいている元旦なので、そのまま高速で2時間、ピックアップトラックでスクンビットまで爆走。郊外に住んでいる我々は普段は混んでいて行く気がしないエリアです。

 

せっかくなのでエムクオーティエへお茶しに行ったら、昨日のカウントダウンの残骸?のステージがあり、クリスマスツリーの前ではまだまだスマホをかざしている人がひっきりなしです。しばらくはニューイヤー気分ですね。

 

何かと苦しかった昨年が終わり、引き続き世界は大荒れの様相の2019年ですが、良い年になりますように。

                                       

                                          

2018.12.27

ICON SIAM

 チャオプラヤ川沿いのヒルトンの隣、トンブリ側に先月オープンしたタイ最大の売り場面積を誇る巨大商業施設、ICON SIAMに行ってみました。

ブランドのテナントを並べたようなのは近年次々と出来ていますので、わざわざ行ったりしないんですが、高島屋が出店しているということで。

 

高島屋には20年以上前、シンガポールに住んでいた当時、伊勢丹と並び生活面で御世話になったので、どんな店作りをしているんだろうかと。

                                     

                               

全体的に豪華さが目立つメガプロジェクトの中では、高島屋サイドはレストランもショップもセンスで勝負、という印象で、ちょっと銀座の東急プラザっぽい感じでした。CENTRAL WORLDの伊勢丹よりかなり良いかもしれません。

                  

                                       

これでもか、というぐらいブランドショップやポルシェやRRなど高級車のテナントがある中で、地下1階はタイ伝統の食品と工芸品がかなりのスペースをとっており、水上マーケットを模したデザインになっていて、ここはかなりの人だかりで人気スペース。

                                     

                              

しかし、このICON SIAM、施設内のデコレーションがものすごくゴージャス。もうバンコクのバブル、ここに極まれり!

                               

2018.11.15

マンゴー名人との再会

 恒例のシーズン前のチャチュンサオ県の農園訪問で今年は久しぶりにマノップさんと再会。

 

再会、というのも近年は現場を仕切る息子たちとのやり取りが多くなってきてたのと、マノップさんも病気で入院されたりして、なかなかお会いできていなかったからです。

                               

                                            

タイマンゴー、特にナムドクマイの品種改良と輸出向けの良質な果実の生産拡大をリードしてきたタイマンゴー界のリーダー的存在で、私自身15年以上可愛がってもらってきています。

 

こちらの管理下にある農園からの出荷は、厳格な糖度管理と農薬の管理で、とにかく1度も基準違反となる事例を出していません。それだけにベストの状態でお客様にお届けするには収穫後の検品、熟度管理、出荷、輸送を担当する私共の責任が重大なわけですが...。

 

お元気そうで安心しました。実務は息子たちと進めていきますが、これからも大きい所から見守っていただければと願っております。

                                                      

                              

2018.08.18

バーンカニタ・ディナークルーズ

 チャオプラヤ川のディナークルーズというと、ロイヤルプリンセスのブッフェ形式のやや冷めた食事と、バンド大音響のディスコ状態というイメージ。

 

というわけで日本からのタイ慣れしたお客さんをお連れするにはちょっと気がひけるものだったんですが、私のイメージが古かったようで。

                                

                                    

去年からバーンカニタのディナークルーズが始まっていたことを今さらながら知り、今週来られたお客さんと行ってきました。

 

アジアティークのバーンカニタのお店でウェルカムドリンクをいただき、19:30に出航。クラシックなコロニアル調の船でオシャレです。

                                  

                                

                                

40席ということでしたが、半分程度の乗船でした。去年から始まったばかりでまだ認知度が低いというのと、マノーラやホライズンクルーズのようにホテル運営ではないので、今のところ純粋にこのレストランを知っているお客さんしか来ない、といったところでしょうか。

                                        

                               

                                

今回乗ってみて思ったのは、定番のコース料理ですが、バーンカニタだけあって味がかなり美味しい、またスタッフの対応がきちんとしていて気持ち良い、ということです。タイ伝統音楽が流れていますが、基本静かなので会話と料理を楽しみたい向きにはお薦めです。

 

ただ窓がなく、吹きさらしなのでエアコンの中に居たいという方には不向きですね。また少しの雨なら出航するということなので、その時にはビニールで窓部分がカバーされるので濡れはしませんが、ほとんど景色は見えないでしょう。その点はガラス窓のクルーズ船の室内の方がいいですね。

 

ちなみに価格は2,400バーツ/人(ドリンク別)でしたが、僕はかなり良いと思いました。

                                       

2017.10.26

プミポン前国王・国葬

 今日はプミポン前国王の5日間の国葬の「火葬の儀」の日。

 

数十万人も集まると言われるサナーム・ルアン(王宮前)の他に、たまたまウチの近所のブアクワン寺が各県で数ヵ所の献花所として指定されたため、早朝から行ってきました。

                          

                                  

しかし、既にすごい人が集まって行列になっており、献花にたどり着くまでなんと6時間。午後には暑くなり、汗だくで何とか献花を終えてきました。「単に献花所なのでそんなに混まないだろう」というのが甘過ぎました。

 

並んでいたタイ人の皆さんも自撮りやSNSをやりながら、ボランティアによる水の補給、交代でのトイレで何とかしのいでいました。

 

大変だったですが、王宮前に行ったタイ人の友人は2日前から並んでいるので、想像を超えていますね。

                                                

                          

                                        

                                                   

火葬の儀は今も続いていますが、テレビでは非常に荘厳で規律正しく行われている王宮前での葬儀の様子が、中継されています。秋篠宮殿下ご夫妻が棺にお別れを告げる様子も映し出されていました。

 

タイ全土が改めて悲しみの涙を流しています。

                                          

                            

                                        

                                   

2017.08.21

ハノイ挽歌

 20年ほど前に辺見庸さんの「ハノイ挽歌」を読み、行ったこともないのにノスタルジックな思いに駆られて、旅に来たハノイ。

当時住んでいたシンガポールの窮屈さから見れば静かで暗くて、しかしどこか懐かしいこの街は、まさしく同書で形容されている表現そのものでした。

 

「ぼくたちの同時代からあきれるほど取り残され、それ故疎んじられ、忘れかけているその風景に、ぼくはこよなく愛おしいものを感じるのです」

                              

                                

20年ぶりのハノイ。

 

ホテル・トンニャット(統一)は、今は「ソフィテルレジェンドメトロポールハノイホテル」という仰々しい名前に変わり、高層ホテルやマンションが建ち並び、フォー1杯が8万ドン(4ドル)というぐらいに物価ももちろん上がったけれども、それでもシンガポールはもちろん、今やバンコクでも感じるようになった「無味無臭無表情の機能と効率」が支配している、というようには感じません。

                                         

                                               

ホーチミンが何度行っても総中流化した前時代版バンコクという感じしかしないのに比べて、このハノイには僕の胸にグッと来る、ある種独特の感覚がまだ残っています。それは非効率的で非生産的なものが、しかし活き活きと残っているという確かな感触かもしれません。

 

夜のホアンキエム湖の畔は今も恋人たちの憩いの場ですし、相当観光客専門になったとはいえシクロもまだ走っていますし、それにあのレーニン公園の共産主義的サーカスもまだ残っています。

 

「ただ意味もなく移ろう僕たちの時代から、プツリと切り離された絵があり、それがこの世で最後の永遠を宿しているように思えるからです」

20数年前に辺見庸さんがそう形容した、ハノイ。

 

「ハノイにまた来たい」という思いを強くしました。

                                            

                                  

取り扱い商品一覧

◯期間限定フレッシュフルーツ

プレミアムゴールド生タイマンゴー
(ナムドクマイ)

◯業務用冷凍フルーツ

(※カード決済はご利用できません)
フローズンタイマンゴー
フローズンドリアン

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリーリスト

ブログ内検索

To top